今回の引越しのときには、住民票の移動の処

今回の引越しのときには、住民票の移動の処理は、早めにしておこうと考えていました。まずは私自身が転出届けの手続をしに行き、主人が引っ越しのその当日に、転入届を転入先の役所へ、提出できるように段取りして引越しを行いました。

ただでさえ、引越しというものはいろんな手続きに忙殺されがちなので忘れないようにちゃんとリストにして「見える化」しておいて、計画的にひとつひとつ行っていくことが大事では、と思います。

引っ越し先がごく近距離であれば業者を全く使わないで、引っ越しをすることもできます。

自家用車を使って、運べるだけの荷物はコツコツ新しい住居に運んでしまいます。少しずつでも時間をかけますので積載量の少ない自家用車であっても、たくさんの量を運べます。
自家用車で難しい大型のものは、最後に一日、トラックを借りるようにします。

これで全ての荷物の運搬を済ませてしまいます。

こんな風にできると、引っ越しにかかる総支出をだいぶ節約することができます。

転居のため荷物をまとめる時に皿やグラス、雑貨で破損しやすい物はタオルや洋服に包んで荷造りしますいらない雑誌や新聞紙でも大丈夫ですが、想像以上に量が多くなり、捨てることが大変です。
転居し終えると、多くの空ダンボールが発生しますし、さらには紙くずも出ると案外場所を取ってしまいます。先日引っ越したのは良いのですが、準備で本当に疲れてしまいました。

それまで住んでいたのはマンションだったので、引っ越し業者に、自分で運べない荷物を依頼したんです。
けれども、それ以外の荷物はお願いしていません。大きな荷物以外は自分で計画を立て台車を借りて運び出し、転居先に運びました。

本当に、台車にはお世話になりました。光回線を申し込もうとする時、回線速度が速いと説明されてもあんまりイメージができないものです。

しかし、現実に使ってみると、早いという実感は得られなかったとしても、遅い時は大きなストレスになります。普段からどのくらいの速さならば自分が快適に使えるのか把握しておかないといけないと実感じます。

引っ越しを左右するのは、流れを把握しているかどうかによって決定します。流れは、他の言い方では段取りとも言うのです。

この段取りが上手くいかないと、滅茶苦茶時間が掛かる場合もあります。

ただ、このような事は、理屈一辺倒で作業するよりも経験がものを言うのかもしれません。

引っ越しを一度でも経験すれば絶対必要になることとして、電気や水道と同じように、ガスの解約をすることになります。

引っ越しは私も何度か行いました。解約の手続きそのものは難しいものではありません。

ところが、転居までに解約が終わっていないと、請求は引き続き自分の方に来ますから、抜け落ちないよう注意しましょう。また、転居した月の月末まで自分が支払うルールになっています。引越し業者にお願いせず友人知人に手伝ってもらってする場合があるでしょう。特に、近場の引越しの場合だとトラックやその他乗り物を使わずに荷物を運搬することは、できると思いますが、台車は用意しておいたほうが良いです。

屋内の移動の場合には想像しにくいかもしれませんが、ちょっとした、家具などでも案外重いように感じてしまうものなのです。
独身時での引っ越しは、大きな電化製品や家具もなく、業者に頼まなくてもすることができていました。

だけど、結婚してから引っ越しをすることになると、電化製品や家具などの冷蔵庫や洗濯機が大きくなり、かなりの大きな作業となるため、引っ越し業者に任せました。

引っ越し業者に依頼すると、家電もちゃんと設置してくれるので、すごくラクにできました。

どんなことでも同じですが、引っ越しも段取りが大切です。

十分な大きさと量のダンボールを揃え、日程を考えて梱包作業を進めます。
引っ越し直前まで使う日用品を分けて、ものの種類で分けながら詰めれば大丈夫です。
何が入っているかわかるように、紙に書いて貼っておくと荷物を開くときに役立ちます。

引っ越してすぐ使う、電気やガスや水道などの転出入手続きももれがないよう早めに進めてください。
引越し業者に申し込みました。
タンスを運ぶためのにかかった料金

About the Author